×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

C型肝炎の感染経路

C型肝炎の検査と治療

C型肝炎について

C型肝炎は、忍び寄る殺し屋とも言われることもある病気です。なぜかというと、C型肝炎は自覚症状がないこともあり治療せずに長年放置し、何十年もあとに肝硬変や肝がんになることもあるからです。症状がわかりにくい病気ですが、発熱や倦怠感、食欲不振など風邪と似たような症状があります。患者の中には風邪かと思って病院に行ったら感染していた、なんてこともよくあるようです。

 

では、C型肝炎の原因は何でしょうか。輸血、注射、刺青、手術などによる、血液感染が主な原因となっています。ですから、性行為で感染することは基本的にはないですが、傷口などから血液により、感染することはあるかもしれません。

 

治療法としては抗ウイルス治療があります。抗ウイルス治療の中には、薬物治療があります。その中でも、インターフェロンという薬による療法が効果的といわれています。インターフェロン治療は発症したのがわかったら、なるべく早く開始した方がいいといわれています。最近では、C型肝炎の検査キットが販売されています。


ホーム RSS購読 サイトマップ